アートクラブ子どものちから 「ゴッホになろう!(油絵を描こう)」講座を開催しました

2013年3月23日(土)13:30~16:00 大阪・河内長野

河内長野市立子ども・子育て総合センターあいっくの子ども交流ホールで

アートクラブ子どものちから 「ゴッホになろう!春だよ!

油絵でチューリップを描こう!」講座をおこないました。

小学生10名限定ということでしたが、12名で講座開始。

だれでも知っているチューリップを観察して油絵の具で描きました。

まずはじめに、油絵に使う道具の説明から始まりました。

そして、チューリップを観察してということで生のチューリップを12本用意し、

色々な色があったのでジャンケンで好きな色をチョイス。

チューリップの花びらの付き方、葉っぱの付き方を説明し、自分自身で確認してもらいました。

これからが本番!

まずはじめに、鉛筆で自分で選んだチューリップをボードに下書き。

よく見ながら、チューリップを描いていきました。

下書きが終了したら、今度は油絵の具で描いていきました。

使い方をまず説明。

小学校で使う水彩絵の具とは違う使い方なので、しっかり説明しました。

今回、ホルベインから出ているアクアオイルカラー デュオという水に溶ける

油絵の具を使用しました。従来の油絵の具よりもにおいも少なく

こどもでも扱いやすくなっています。

これからが本番!

紙パレットの上に絵の具を出し、ほんの少しだけ水を混ぜ彩色していきました。

そしてボードに描いたチューリップに彩色し終わったら、今度はバックに色を付けていきました。ペインティングナイフを用意していましたので、それを使いバックを塗っていきました。使い方は、「パンにバターを塗る感覚で」ということ。細かい部分は筆を使用して塗っていきました。

それぞれに違う色のバックを塗り完成!

みんな素敵な作品に仕上がりました。

みんな満足した笑顔で帰ったので本当に良かったです。

今回もホルベイン工業さんに色々ご協力いただきました。

ありがとうございました。


「この事業は大阪府福祉基金社会起業家ファンドを活用して行なっています。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)