1絵の好きな子ども達を育てる

私の目指す絵画セラピー

1:絵の好きな子ども達を育てる

2:ストレス発散

3:色で子ども達の心理状態を見守る

4:形で子ども達の心理状態を見守る

1:絵の好きな子ども達をいっぱいに

美術系が好きだと大人になってから選択肢が増える。

建築士・色々なデザイナー・カメラ・・・・中には、美術の修復士になったり、手足の復元する仕事をしたりする子もいます。

☆子どもはのびのび描けるか?

のびのび描けるのは2・3歳まで。

他人の評価を意識するようになると子どもものびのび描けなくな る。これは大人も同じ。

☆絵を描かない子

パターンが描けない子が多い。

暗黙のうちの了解?私たちは一つのサインとしてパターンを持っている。

それが描けないと相手に伝わりにくい

☆子どもの絵の上手下手は誰が決める?

常に一緒にいる子供同士。

女の子 うるる目の女の子が上手に描ける

男の子 やはりアニメのキャラクター

漫画ばかり描いて・・・

練習しなければ上手になれない。憧れのうるる目の女の子は、すぐには描けない。

私たちの頃は、お姫様。シンデレラ時代のふんわりスカートは今でも描けます。

練習しました。

次に両親

幼稚園や、学校からもって帰ってきた作品を見て

「これなんやの?」「エーッこれってこういう風に描かないと!」

子どもの絵は褒めるしかない。

褒め方が難しい。嘘をついて利のを感じるから。

褒め方のお勧め

「どんなお話?」「元気いっぱいやね。」「色がいい。「この家の形がいい」具体的に一つ二つ言う。

子どもの話

私がある子に「上手に描けたね。」と声をかけたら

「こんなん持って帰ったら、お母さんに笑われるわ。」と言う

すると、「そんなお母さんはあかんと思う。お母さんは、子どもの持って帰ったものを褒めなあかん。」

と、一人の子が言いました。

「おー!。」判ってるんや!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)